自然有精卵「さがみっこ」のこだわり

産卵は全て10ヶ月以内の若鶏
鶏が若ければ若いほど殻が厚く、黄身や白身が濃厚で盛り上がりが非常に高い良質の卵に。「さがみっこ」は全て産卵開始後10ヶ月以内の若鶏という最高級卵です。
放し飼い(平飼い)
大自然の中、自然な環境でヒナの時から全て放し飼いを行い、自然卵を朝取りしています。「さがみっこ」の集卵は、自動集卵によくあるように、殻が割れる、黄身がくずれるなど、卵の品質を落とさないよう、丁寧に手作業で行っています。
徹底した衛生管理・定期検査

鶏舎内外は衛生的な環境を保つため定期的に徹底して水洗い。作業も鶏舎専用の履物で行っています。また、鶏舎内70%をスノコにし、鶏に糞がつかないよう(糞はスノコの下に落ちる)独自の工夫でより衛生的な平飼いを実行しています。
さらに産卵場所には穴のあいた人工芝を使用し、鶏の足についた汚れが直接卵に付くのを防ぐ役割を。ですから「さがみっこ」は新鮮さそのままの無洗浄卵なのです。(洗浄卵は、殻の表面にある小さな穴から卵内に菌が入り、いたみやすい卵に)サルモネラ菌等の定期検査ではもちろん常に全て陰性。

飼料研究

研究を重ねた結果、<とうもろこし、海草粉末、天然総合ミネラルの貝化石粉末、ヨモギ粉末、カニの甲羅など>を混ぜ合わせたバランスの良い独自の天然飼料を使用。もちろん抗生物質などは一切使用しておりません。また、<カニの甲羅>は人工皮膚をつくる働きがあるので、その効果からアトピーの方にも安心して召し上がりいただけます。

餌の制限

ヒナの時から餌と水を制限することで、栄養素が片寄らない、スタイルのよい健康な鶏に育ちます。必要以上与えると水っぽく段差のない卵になり、おいしさも半減。栄養素もバランスが崩れてしまうのです。ここ井上養鶏場ならではの徹底した品質管理から質の良い卵が産まれているのです。